屋根・外壁・雨樋・太陽光照明システム スカイライトチューブ・太陽光発電システム

太陽光発電とは?

 太陽光発電とは、ソーラーパネルを使って太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換して発電するシステムです。

地球に降り注ぐエネルギーはとてつもなく大きく、電気エネルギーに換算すれば、地球全体の年間エネルギー消費量をたった1時間でまかなえるほど強力なものなのです。


太陽光発電のメリットデメリット

(※10kw未満の住宅用太陽光発電システムの場合(詳しくは「3種類の異なる買取制度」へ))

太陽光発電のメリット

太陽光発電システムにはさまざまなメリットが存在しますが、その中で最も魅力的なのは、経済的に優れているところです。

上手に活用すれば光熱費を大きく削減できるため、長い目で見れば地球にもお財布にもエコロジーな機器ということになります。

 

メリット①.余った電力は売ることができる

昼間に発電した電力は、家庭で使われる電気として消費することになりますが、使いきれずに残った電力は、電力会社が買取ってくれる制度があるので、発電した分だけお得になります。

メリット②.補助金を受取れる

太陽光発電はCO2を排出しないエコロジーな発電機器です。太陽光発電を設置することは地球温暖化抑制へとつながり、その活動の支援のために、県や市などの自治体から補助金を受取れる制度があります。

(※国の太陽光補助金制度であるJ-PECにつきましては、平成26年3月31日をもちまして受付を終了致しました。御注意ください。)

メリット③.災害時の非常用電源となる

太陽光発電システムのパワーコンディショナー(発電された電気を家庭で使用できるように変換する機器)を利用することによって、自然災害などで停電が起こった場合でも、家庭に電気を供給することができ、いざという時の役に立ちます。

 

太陽光発電のデメリット

最も懸念されるのは設置に掛かる費用です。補助金を受けれらるなどのメリットもありますが、効率的に発電ができるよう、予めデメリットへの対策も一緒にご提案させていただきます。


デメリット①.設置費用が高い

太陽光発電を一般的な家庭に導入するためにかかる設置費用は、およそ200万前後と初期費用が掛かり、元を取れるかどうかの不安を感じる方も少なくないでしょう。

しかし現在、太陽光発電システムの設置費用は年々低下の減少にあり、以前のシステム価格と比較すると、十分導入しやすくなっていることは事実です。

また前述したとおり、現在は国の補助金を受けることはできませんが、もっとも補助金が受けられた時代の補助額分を差し引いても、十分に安くなっているので、本体設置が早い遅いなどの心配は必要ないかと思われます。

デメリット②.発電量が不安定

太陽光発電の発電量は、天候や地域、設置環境によって大きく差が出ます。まずは、設置を希望している場所へ御伺いさせていただき、屋根の向きなどを考慮した上で、最善の設置位置などをご提案させていただきます。